保育士の特徴をみればどのような仕事をするのかわかります

 

保育士は乳児から小学校就学まで幼児を保育する仕事であり、子供たちを預かって世話をするイメージありますが、実際どういったものなのでしょうか。

 

園児の世話をする

 

まず園児たちの世話が中心になるお仕事になることを知っておきましょう。

 

この仕事は単に子供を預かり身の回りの世話をする以外にも役目はあり、子供たちの生活全般の世話を通して心身の発達を促して社会性を養っていきます

 

食事、排せつ、衣類の着脱など基本的生活習慣を身に着けさせる仕事は子供の成長にとって重要な役目になっています。

 

では、そうした保育士の詳しい仕事内容を紹介します。

 

保育士の一日

 

出勤すれば開園準備をして部屋を掃除、スケジュール確認、朝礼を済ませ開園時間になれば子供たちを迎え入れ、子供たちの登園がすめば朝の会を始めて挨拶・出席確認や体操をします。

 

その後は自由遊び、プログラムに沿って活動。

 

昼が近づけば手洗い、うがいなどを促して昼ご飯の準備をします。

 

生活補助の仕事を任される

 

保育士は子供たちの様子を見て一緒に食事します。

 

昼食を食べ終わったら後片付けをして子供たちに歯磨き、排せつなどをさせて布団を敷き昼寝の準備。

 

子供たちが布団に入れば絵本など読み聞かせ昼寝させます。

 

これが終われば室内で遊ばせて保護者の迎えを待ちます。

 

保護者が来たら連絡帳を渡して、その日の様子を伝えます。

 

子供たちを見送ったら園内の掃除、戸締りをして勤務終了。

 

保育士の仕事時間は勤める園により異なりますが、1日8時間が一般的。

 

残業は閉園後にお遊戯会などイベントの準備を進めたり保育園だよりを作ったりすることがあります。

 

女性に人気の職業の1つの保育士はたくさん魅力あります。

 

やりがいは子供の成長にかかわることが挙げられて、たくさんの子たちが日々成長する姿を間近で見て、かかわれる楽しさがあります。

 

ほかには雇用形態がさまざまであるといったことも魅力。

 

家庭事情、健康上の理由で長時間勤務がむずかしければ契約社員、パートなどのかたちで保育士を続けられます。

 

正規雇用以外の形態で働くときは残業、休日出勤も免除されて、午前か午後だけ働けます。

 

正規保育士に比べ補助的な仕事が多いですが、園によりクラスの主要な仕事を任せてもらえたりもします

 

無理のないペースで働ければストレスも抑えられるはずなので、自分の生活基準に照らし合わせてください。