保育士の資格はこれからの時代にとても役立ってくれるはず

 

働き方を選べる時代になって保育士資格は便利なものになりました。

 

その保育士資格を取るメリットですが、どういったものがあるのでしょうか。

 

一度取れば更新の必要がない

 

まず保育士の資格は国家資格で一回取れば新たに更新する必要がないです。

 

そして、年齢に関係なく取得で来て、今では主婦、男性にも人気のものとなっています。

 

女性は育児で仕事を辞めても空いてる時間だけといったように、ライフスタイルに合わせ働きかたを選べるのがメリットです。

 

そしてフルタイムで働けて、パート、派遣社員で午前、午後だけという時間の使い方ができるメリットがあります。

 

そして今保育ニーズが多様化していて、保育士資格のある方は保育園の先生以外に大手デパートなどの一時預かり所、スポーツセンターなど託児所でのはたらき方もあります

 

有効活用していける

 

そして、保育士資格持ってることによって働き方はたくさんありますが、少子高齢化進む今の日本はこれからますます保育のスペシャリストとして教育の質求められることに。

 

せっかくとった資格です。さらに有効活用してみてください。

 

お勧めとして幼稚園教諭と合わせ資格取得してみること

 

そして待機児童問題などがある今だからこそ持ってる資格を最大限利用して、好きなことを仕事として活用しましょう。

 

保育士試験は短大や専門学校など、指定保育士養成施設を卒業するより安い費用で資格取得が可能。

 

そして、指定保育士養成施設に通学なら週5回、最低2年以上通学する必要があります。

 

数週間の保育園での実習もあって、仕事、子育てされてる人は、カリキュラム消化、実習に費やす時間作るには大きな負担となりますが、保育士試験受験は最短3か月でも資格取得が可能。

 

試験は毎年8月に筆記試験10月に実技試験がされます。

 

学習スタートする時期は人により違って、試験日を目標にして独学、通信制など自分で勉強する方法を選べます。

 

指定保育士養成施設は保育園の実習が必須ですが、保育士試験の受験は現場での実習なしに保育士資格取得ができます。

 

保育現場は食事、おむつ替えなど子供たちの身の回りの世話や保護者のやり取りなどたくさんの仕事があります。

 

資格取得でますます豊かな生活を送れるようになれば、人生も楽しくなるはずです

 

ぜひ頑張って資格取得を目指しましょう。

 

また、資格を取得した方にはお祝い金という制度もあります。

 

詳しくは、保育士バンクのお祝い金についてがわかりやすくてよかったです。