保育士の給料は若干差があって今後保育士不足が続いていく

 

保育士独自の働く環境があってうまく活用していけることが大事になります。

 

長く務めることが大切

 

1つのところに長く務めることは素晴らしくて、長くいなくては経験できないことがたくさんあります。

 

それにより信頼得られるはず。

 

ですがそれだけで気づけないこと、園により保育法や方針が違うこともよくあります。

 

これからは保育士もキャリアアップといった考えが必要になるはず

 

収入を上げるにはそれに見合ったスキルを求められます。

 

違った職場に身を置いてみればそれだけで成長できるチャンスとなり、スキルアップになります

 

保育士の低賃金はいろいろなメディアで取り上げられたことで、世間に広く認知されてきました。

 

そして、派遣保育士は実際する業務は保育補助、雑務で、担任みたいに設定保育を考えたり運営機会はそうありません。

 

具体的には給食後児童が昼寝している間に保育室の清掃をしたり、保育中に児童を見守り遊びの補佐的役目を担います。

 

保育士のメリットである子供たちとのふれあい、保育を通し成長をみまもることを経験してデメリットのサービス残業などから解放されます。

 

時給に違いがある

 

派遣保育士の給与は時給1000~1500円を超える求人まであって、正規職員はボーナス支給など確実につくメリットありますが、厚生労働省の発表にもあったよう元からの基本給が低いこともあって労働量に見合うほどの賞与ではありません。

 

派遣保育士は派遣元に所属する形になっていて、待遇は派遣会社により異なります。

 

ですが最近の保育士不足を補うべく、派遣会社も好待遇を用意してる傾向があります。

 

曜日・時間自由、ブランク・未経験可能など魅力的な情報が多く出されています。

 

派遣といった雇用形態上クラス主担人になるのはまずないです。

 

なので、持ち帰り仕事、資料作成等発生せず、プライベート、仕事のバランスが保てます。

 

派遣保育士になるには派遣仲介企業の登録化、ハローワークで派遣保育士の求人を紹介してもらう方法があります。

 

最近の保育士不足は今後数年続くことが予想されて、正規職員を管理する厚生労働省などで保育士就業条件向上を模索していますが、根本的改革にはどうしても時間がかかります。

 

プライベートや仕事バランスをよくするためにも良い環境で働くことが大事です。

 

そして待遇がよくなれば保育士不足も改善していくはずです。