給料が低いだけじゃない!保育士が人手不足になる3つの原因

 

保育士は他の職種に比べて給料が低いと言われています。

 

そのため求人を出しても応募してくる人が少ないので、なかなか人手不足が解消されません。

 

また保育士の求人に応募してきてもすぐ離職してしまう人も多いです。

 

保育士の人手不足は給料が低い事が原因と考える人が多いですが、実は他にも原因になっている事があります。

 

そこで保育士の人手不足は給料が低いこと以外にどのような原因があるのか見ていく事にしましょう。

 

勤務時間が長い

 

保育士は保育施設で大勢の子供を見る仕事なので昼間の時間帯は大勢の子供と一緒に過ごす事になります。

 

それで保護者が子供を迎えに来た後に資料作成や職場の掃除などの仕事もしなければいけません

 

仕事の量が多いので帰宅時間が0時近くになってしまう事も少なくありません。

 

勤務時間が長い状態が続いていると体調を崩しやすくなってしまうので離職してしまう人も多いです。

 

保護者の対応が難しい

 

保育士が大勢の子供の面倒を見ている時に一人の子供が転んで怪我をしてしまう事もあります。

 

転んだ時は軽く擦り剥くぐらいなので子供でもそれほど問題ありませんが、最近は過保護に育てられている子供も多いので軽く擦り剥いたぐらいでもクレームを入れてくる事があります

 

それで保護者の対応が難しいと感じて離職してしまう人も多いです。

 

人間関係が悪い

 

保育士はほぼ女性の職場になっていて華やかなイメージもありますが、実は男性の職場より人間関係が悪い事が多いです。

 

女性の職場では派閥を作る事が多いので保育士同士がライバル視していて職場の環境がすごく悪くなっている事も多いです。

 

それで仕事中に人間関係で気を遣う事が多くなるのでストレスを溜めてしまい離職してしまう人も多いです。

 

まとめ

 

保育士が人手不足になる原因は給料が低い以外でもこのようにいくつかあります。

 

最近では給料が低い事よりこれらが原因で離職してしまう人の方が多いです。

 

保育士として働く環境はあまり良くない傾向があるので、人手不足を解消していくには給料アップだけでなく職場環境の改善も必要になってくるでしょう。

参考サイト

保育士さんの転職